NEWS

12.10.28 2012年10月28日F1第17戦インドGP決勝レース

天候:霞み空&ドライ

気温:29-30℃

路面温度:32-36℃

 

2012年F1世界選手権第17戦インドGPの決勝レースが午後3時(日本時間午後6時30分)から行われました。タイヤのタレが少なく戦略での逆転などが難しい状況ながら、17番グリッドからハードタイヤでスタートした小林可夢偉は、誰よりも第1スティントを長く走ったあとソフトタイヤに履き変えて入賞を目指しましたが、ポイント獲得はならず14位でチェッカーを受けました。

次戦・第18戦アブダビGPは11月2日から4日にかけてヤスマリーナサーキットで行われます。

 

小林可夢偉:14位

ザウバーC31-フェラーリ(シャシー04/フェラーリ056)

スタート:新品ハードタイヤ、36周目:新品ソフトタイヤ

「僕たちの週末じゃなかったとしか言えないです。レースの間つねに誰かが前にいたし、オーバーテイクできるほどの直線のスピードもなかったです。すごくフラストレーションが溜まるレースでした。ダニエル・リチャルドの後ろにはまっていましたが、なにもできませんでした。パストール・マルドナードとの接触はちょっと不可解でした。彼は僕を抜いたのに、また僕の走行ラインに戻ってきたので、接触を避けることはできませんでした。とにかく今週末のことはもう忘れて、次のアブダビではスムーズな週末を過ごすせるようにしたいです」

 

 

 

by courtesy of Sauber F1 Team

NEWS & TOPICS INDEX