REPORT

2010201120122013

12.09.24 第14戦シンガポールGPを終えて

今回は少し新しいパーツを入れたので、金曜日のフリー走行1回目はかなり忙しかったです。ただ、クルマのパフォーマンスが足りず、残念ながら最後までその状況は変わりませんでした。


フリー走行2回目から週末に向けたセットアップを進めたのですが、とにかくオーバーステアがひどくて、ロングランも1発もまったくダメで、金曜日に自信を持って乗れるクルマに出来なかった。金曜の夜中にデータを見ても、ブレーキング時でダウンフォースが抜けているのが分かったので、土曜日に向けてなんとか対策を試みたんですが、土曜日のフリー走行の走りはじめは金曜日よりもひどい状態で、正直エンジニアも僕もはまってました。結局セットアップをホッケンハイムの仕様にすることになって、それでも効果がなかったです。結局、予選はそのままの仕様で走ったんですが、攻めるどころかなんとかコースにクルマを留めておくのが精一杯で、悔しいですけど本当にうまくいっても17番、16番くらいだった。

 

決勝レースでは、新品のタイヤが残っていたので、なんとかやりくりできればと思っていましたが、燃料が重くても軽くてもクルマの症状は変わらず、ブレーキングで常に4輪ドリフト状態でした。クルマが決まっていれば何時間走っても楽しいんでしょうけど、長いレースでした。まあ、最後の花火がきれいだったぐらいですかね。汗が目に入ってくるのをこらえながらですけどしっかり見ました。

 

本当はここで日本GPに向けての勢いをつけたかったんですけど、今回はクルマが遅すぎました。ただ、苦戦したなかでも、週末を通していろいろなセッティングを試したし、それをデータとしてもきちんと活用できるのがポジティブな面ですね。僕たちのクルマは低速コーナーを改善できれば、本当に強くなりますから。

次の鈴鹿サーキットはスピード領域が違うから大丈夫です。残りのレースを考えると一番クルマにあうサーキットが鈴鹿なので僕自身楽しみにしています。今年は本当に速いですよ。去年の日本GPはいいレースができなかったので、今年はファンのみなさんに本当にいいレースを見せたいと思っています。まずは予選から上位を狙っていきます。今シーズン、本当にとことん不運が続いていますけど、鈴鹿でいい結果が出せたら、すべてこのための苦労だったんだと思えるし、溜まったフラストレーションを晴らしたいと思います。

いよいよ日本GPです。みなさま応援よろしくお願いいたします。

KAMUI'S REPORT INDEX