REPORT

2010201120122013

12.09.04 第12戦ベルギーGPを終えて

ベルギーGPの週末は金曜日が雨だったので、クルマのセッティングは土曜日の朝の1時間が勝負でした。 持ち込みの状態からすこし足回りを変えてみたりしたんですが、感触はよかったです。 ただその後予選に向けてもう一歩進めてみたら、乗りにくくなってウインドウが小さくなってしまいました。 正直、あ、やっちゃったと。


もしかしたらQ3に行けないかもと心配になるぐらいの状態でしたが、なんとか残って、Q3のあの1周だけほんとにうまくまとまりました。あのラップはセクター1を通過した時点で、このままだったまずいと思って、かなりそこからセクター2とセクター3を頑張ったんですけど、コントロールラインを通ったときに自分のタイムを見てびっくりしました。スパ・フランコルシャンに来ることを楽しみにしていましたが、予選2番手は想像以上にいい結果でした。

 

 

 

 

 

一方日曜日は、ご存じのとおりです。

フォーメーションラップでは、かなりギリギリまでタイヤを温めていました。これはもともとプラン通りだったんですけど、グリッドでかなりの量の煙が上がっていたので、結構注目されましたけど、レースを最後まで走り切れたので、ブレーキに問題はなかったです。

ただスタートに関しては、今回クラッチのセッティングをちょっと変えてあったんですが、それがうまく機能しなくてホイールスピンが多くて加速が鈍かった。それでも4番手くらいで1コーナーに入ったら、突然右後方からクルマが降ってきて、どうしようもない、という状況でした。とにかくまずは、誰も大きな怪我をしなくてよかったです。

そのあと、1周目にピットインしてフロントウイングを交換して、プライムタイヤに履き変えて、頑張って順位を上げていけたので、このままいけば入賞争いはできると思っていたら、今度はスローパンクチャーでまたピットインすることになって……散々でした。

レースの間、本来のペースで走れないし、コクピット前についたタイヤマークは見えていたんですが、クルマを降りてからサイドポッドとかほかの部分のダメージをみて、その理由もわかりました。

 

レース後のデブリーフィングでは、チームにはスタートのセッティングについてなど、僕の思ったことはしっかりと伝えました。僕たちは中堅チームなので、すべてを完璧にしないと勝つことができません。その一方で、僕たちのような規模のチームでも、ひとつになればビッグチーム相手に勝利を狙える、というチャレンジをとても楽しんでいます。

今週末のモンツァでは、今回の土曜日の予選までの勢いで、うまくつなげたいと思います。みなさま今週末も応援よろしくお願いいたします。

KAMUI'S REPORT INDEX