REPORT

2010201120122013

12.07.30 第11戦ハンガリーGPを終えて

ハンガロリンクでは予選からきちんと戦って前の方からスタートすれば、いい結果が手に入れられると思っていたんですけど、今年一番厳しい週末でした。


金曜日の走りはじめから、とにかくグリップがまったくないし、うまくタイヤをスイッチオンできなかった。クルマのバランスとかそういう話ではなくて、とにかくタイヤに苦戦しました。クルマはドイツGPと同じだし、とにかくおかしくて、夜のミーディングで考えたアイデアを土曜日の朝にトライした結果、昨日よりはましになったけど、まだまだという感じで予選を迎えていました。

 

 

 

正直、Q3に行けたら奇跡と思っていたくらいで、15番手という結果はある意味予想通りでした。予選中はさらにグリップを得られないままで、すぐにブレーキはロックするし、コーナーではほぼ4輪ドリフト状態だし、かなりひどい状況でした。金曜日の時点からチームと原因究明に勉めていましたが、予選が終わった夜にダウンフォースが抜けていることが分かりました。コーナーリング中のダウンフォースがDRSを使っている時と同じぐらいダウンフォースが減っていたりして、そりゃ4輪ドリフトするわって感じです。ドイツでも同じような症状が出ていたので、これはきちんと解決しなければいけないです。

 

 

ただ、レースに向けてはクルマを調整することもできないので、とにかく今回は1ポイントでも2ポイントでも獲れたらいい、と気持ちを切り替えてレースに挑みましたが、やはりペースが遅かったです。

スタート後の1コーナーでほかのクルマにコースからはみ出そうになるほど幅寄せされて、ポジションを落としましたが、あれがなくても今回は入賞は無理だったというのが正直な感想です。第3スティントのソフトタイヤのスティントがちょっとましだったぐらいですね。最後は油圧の漏れがあって、残り1周でガレージに戻りました。残念ながらハンガリーGPは僕たちのレースではなかったです。

これでF1は夏休みに入ります。前半戦は成績が安定しなかったので、ベルギーGPからいいリズムを作って後半戦を戦いたいと思います。ちょっと時間が空きますが次のベルギーGPも頑張りますので、応援よろしくお願いいたします。

KAMUI'S REPORT INDEX