REPORT

2010201120122013

12.07.09 第9戦イギリスGPを終えて

金曜日は朝から雨で、午前と午後のセッション両方ともウエットでしたが、クルマとしてはあんまり大きい問題はないんじゃないかなという感触でした。


テストアイテムも試しましたが、ウエットだったので、実際に使えるかどうかという判断はできなかったです。それ以上に、雨が降るとどこに水たまりや川ができるのか、といったことを確認していました。予選は雨という予報だったので、雨や路面の状況が刻々と変わるのでそこにあわせていければいいんじゃないかなと。

 

土曜日午前のフリー走行は晴れて、ドライで走ったんですけど、まあクルマが雨のことを考えているという意味では、結構ドライでも戦えるという手応えでした。

 

でも予選はやっぱり雨になって、Q1とQ2の赤旗中断前までは、かなり上位で戦えるという感触だったんですけど、赤旗再開時にインターミディエイトで出て行くことになってしまった。僕は無線で『ウエット』だと伝えていたんですけど、チームはどうもウイリアムズがエンジンをかけたので、それに反応して早くピット出口に並ばせたかったらしいのですが、モニターを見ながら『ウイリアムズもウエット履いてる』とも伝えたんですが、もうクルマにはインターをはめられていて、行け行けという状況だった。やっぱりコースは全然水が多くて、結局すぐにピットに戻ってウエットに履き変えることになって、タイム計測を1周する時間しか残っていなかった。もし普通に最初からウエットで出ていって2周目があったので余裕だったんですけどね。今年は雨の時に僕はうまくやらせてもらってないから、ウエットになったらドライバーの声を聞くようにとチームにお願いしていたんですが、うまくいかなかった。これはいまの課題だと思うし、1日でも早く改善したいと思います。

 

決勝レースは後方スタートなので、どんな天気がきても最後まで戦って、ポイントを獲って帰るつもりでしたが、今度は僕の責任でポイントを失ってしまいました。

スタート自体はあんまりよくなかったんですが、タイヤが思ったよりたれなくて、第2スティントまではよかったんですけど、2回目のピットストップを失敗してしまいました。1回目のストップの時はフォースインディアも同時にストップする様子だったので、彼らを迂回しながら入ったので結構ゆっくりだったんですけど、2回目は今回は僕だけだったので斜めにストンと入れたんですけど、フロントタイヤをロックさせてしまって止まれなくて、かなりチームに申し訳ないし、言い訳もない。

レース後メカニックたちにも謝りました。彼らはすでにチームに戻って作業していて、大きな怪我をしていなくてホッとしました。とにかく今日は僕の失敗です。

次のホッケンハイムではきちんとリズムを取り返して週末を作って行きたいと思います。みなさま引き続き応援よろしくお願いします。

KAMUI'S REPORT INDEX