NEWS

12.07.07 2012年7月6日F1第9戦イギリスGP・フリー走行1回目&2回目

天候:雨&ウエット

気温:15-16℃

路面温度:15-17℃

 

7月6日金曜日F1第9戦イギリスGPがイギリス・シルバーストンサーキットで開幕しました。フリー走行初日の金曜日は朝から雨が降り続き、午前と午後のフリー走行ともにウエット路面での走行となりました。小林可夢偉は午前中から積極的にコースインし、フリー走行1回目はウエットタイヤ1セットで19周を走行。午後のフリー走行2回目では引き続き午前中に履いたウエットタイヤで走行した後、セッション終盤にはインターミディエイトタイヤに履き変えて計16周を走り、両セッションとも全ドライバー中最多の周回数をこなし、明日と明後日に備えました。

明日7月8日土曜日は午前10時(日本時間午後6時)からフリー走行3回目。そして午後1時(日本時間午後9時)から予選が行われます。

 

小林可夢偉

ザウバーC31-フェラーリ(シャシー01/フェラーリ056)

フリー走行1回目:7番手/1分58秒483(19周)

フリー走行2回目:2番手/1分56秒474(16周)

「ウエットコンディションでは僕たちのクルマは結構大丈夫でした。でも路面がドライだとどうなるのかはまったく予想できません。でもコンディションはみんな同じなので、不満もありません。ただ予定していた新しいパーツの検証はできませんでした。最後に感覚をつかむためにインターミディエイトタイヤでも走ってみましたが、インターミディエイトタイヤで走るには、確実にコース上の水量は多かったです。このサーキットにはあちこちに川を作ってしまうようだし、直線でもアクアプレーンでクルマのコントロールを失わないように細心の注意が必要です。雨の週末になりそうですが、僕たちにとって最悪というわけではなさそうです」

 

 

by courtesy of Sauber F1 Team

NEWS & TOPICS INDEX