NEWS

12.06.11 2012年6月10日F1第7戦カナダGP決勝レース

天候:晴れ&ドライ

気温:27-28℃

路面温度:43-48℃

 

2012年F1第7戦カナダGPが、6月10日日曜日午後2時から行われました。新品のスーパーソフトタイヤでスタートした小林可夢偉は、当初は2ストップの予定でしたが、24周目に新品のソフトタイヤに履き変えた後に1ストップ戦略に変更し、9位入賞を果たしました。

次戦ヨーロッパGPは6月22日から24日かけてスペイン・バレンシアで行われます。

 

小林可夢偉:9位

ザウバーC32-フェラーリ(シャシー03/フェラーリ056)

スタート:新品スーパーソフトタイヤ、24周目:新品ソフトタイヤ

「クルマは問題なかったし、チームが素晴らしい結果をチームが手にして当然だったと思います。僕はもともと2ストップ戦略の予定でしたが、レース中に1ストップ戦略が可能でしかもそちらの方が速いということがわかり、途中で切り替えました。その結果、スーパーソフトタイヤでスタートしたあと、タイヤをソフトに履き変えてから46周を走りました。タイヤの状態がいいときのレースペースは良かったですが、最後は簡単ではなかったです。それ以上にトラフィックに一番苦労しましたが、すべての要素を考えると11番グリッドからスタートして9位は可能ななかでほぼ最大限の結果だと思います」

 

 

 

by courtesy of Sauber F1 Team

NEWS & TOPICS INDEX