NEWS

12.05.14 2012年5月13日F1第5戦スペインGP決勝レース

天候:晴れ&ドライ

気温:22-23℃

路面温度:31-34℃

 

2012年F1世界選手権第5戦スペインGPの決勝レースが、現地時間午後2時(日本時間午後9時)から行われ、10番グリッドからスタートした小林可夢偉は5位入賞を果たしました。

可夢偉はソフトタイヤでしたあとハードタイヤでつなぐ3ストップ戦略を獲り、レース中盤と、レース終盤に前を走るクルマをオーバーテイクをして、自らポジションを上げて5位・10ポイントを獲得しました。

次戦、第6戦モナコGPは5月24日から27日にかけて行われます。

 

小林可夢偉:5位

ザウバーC31-フェラーリ(シャシー03/フェラーリ056)

スタート:新品ソフトタイヤ、8周目:新品ハードタイヤ、26周目:新品ハードタイヤ、41周目:中古ハードタイヤ

「チームが素晴らしい仕事をしてくれましたし、クルマのアップデートも非常にうまく働いています。前回のレースに比べると、レース中のペースがずいぶんとよくなりました。昨日の予選の不運がなければ今日はまちがいなく表彰台を獲得できたと思います。本来なら9番グリッドスタートして5位入賞は喜ぶべきかもしれませんが、クルマにはもっとポテンシャルがあります。トラフィックのなかでオーバーテイクは簡単ではありませんでした。直線でDRSを使っても、抜けるまで近づくことができませんでした。だからある程度のリスクを背負ってコーナーでしかけるしかなかったです。最後のスティントではかなりタイヤを使っていました。いま非常に接戦なので、集団の前で走るためには完璧な週末を過ごさなければいけません。それを今週末パストール(マルドナード)はやり遂げました。前回5位に入ったのは去年のモナコなので、次戦モナコGPを非常に楽しみにしています。」

 

by courtesy of Sauber F1 Team

NEWS & TOPICS INDEX