NEWS

12.04.15 2012年4月15日・F1第3戦中国GP決勝

天候:ドライ

路面:20-22℃

気温:23-25℃

 

2012年F1第3戦中国GPの決勝レースが、現地時間午後3時(日本時間午後4時)が行われました。3番グリッドからスタートした小林可夢偉ですが、グリッド上にサポートレースが残したオイルが残っていた影響を受け、スタート後の車速が伸びずに後退。その後3ストップ戦略を獲りますが、つねにトラフィックにはまったことで、40周目にファステストラップを記録した本来のペースでなかなか走ることができず、10位で終えました。

次戦は4月20日~22日にかけてバーレーンでバーレーンGPが行われます。

 

小林可夢偉:10位

ザウバーC31-フェラーリ(シャシー01/フェラーリ056)

スタート:ソフトタイヤ 、9周目:ミディアムタイヤ、25周目:ソフトタイヤ、38周目:ミディアムタイヤ

「昨日の予選を考えると、もちろんこのレース結果は残念です。実際にスタートではなにが起きたのか分かりませんが、クルマがまったく進んでくれませんでした。とにかく不可解な現象で、すぐにポジションを落としてしまいました。その後はほとんどトラフィックのなかで走っただけでなく、2回目のピットストップのタイミングも少し遅くて、タイヤが終わっていました。これまで何度も悪い予選からレースで挽回することがありましたけど、今回はまったく逆でした。ただ、予選かレースかどちらか速いということは証明出来たので、次はその両方をうまくまとめたいと思います」

 

by courtesy of Sauber F1 Team

NEWS & TOPICS INDEX