NEWS

12.04.14 2012年4月14日・F1第3戦中国GP予選

天候:くもり

気温:19-21℃

路面温度:22-27℃

 

2012年F1第3戦中国GPの予選が、土曜日の現地時間午後2時(日本時間午後3時)から行われました。

予選第1セッションをミディアムタイヤの1アタックで通過した小林可夢偉は、予選第2セッションではソフトタイヤで2度アタックを行い5番手で今季初めて予選第3セッションに進出。さらに第3セッションではソフトタイヤの1アタックで4番手のタイムをマークし、F1での予選自己ベスト記録を更新しました。なお予選2番手で終えたドライバーがグリッド降格のペナルティを受けることが決まっており、可夢偉は3番グリッドからスタートします。

明日日曜日の決勝レースは現地時間午後3時(日本時間午後4時)から行われます。

 

 

小林可夢偉

ザウバーC31-フェラーリ(シャシー01/フェラーリ056)

フリー走行3回目:8番手(1分36秒880/新品ソフトタイヤ/17周)

予選:4番手(1分35秒784/第3セッション/新品ソフトタイヤ)

「とてもうれしいです。チームが素晴らしい仕事をしてくれました。僕たちは長い間予選のパフォーマンスを改善しないといけないと言い続けていましたが、今日ははっきりと改善することできました。ルイス・ハミルトンがギヤボックスを交換しなければならなかったので、3番グリッドからスタートすることになるようです。このグリッドポジションはたくさんのチャンスを意味しています。でも僕は夢を見るタイプじゃないし目標は変わりません。それはできるだけたくさんのポイントを獲ることです。僕たちは力強いクルマを持っているし、いつもタイヤにもやさしいので、自信を持って明日のレースを楽しみにしています」

 

by courtesy of Sauber F1 Team

NEWS & TOPICS INDEX