NEWS

12.03.24 2012年F1第2戦マレーシアGP土曜日・予選
天候:晴れ

気温:27-32℃

路面温度:29-44℃

 セパンインターナショナルサーキットで行われているF1第2戦マレーシアGPは、現地時間の土曜日午後4時から予選が行われました。第1セッションをハードタイヤのタイムで通過した小林可夢偉は、第2セッション1度目のアタックではミディアムタイヤで8番手のタイムをマーク。しかし2度目のアタックでは予想もしていなかったグリップ不足に見舞われ17番手で終了。不本意な結果となりましたが明日の決勝では雪辱を果たすべく入賞を目指します。

 

小林可夢偉

ザウバーC31-フェラーリ(シャシー01/フェラーリ056)

フリー走行3回目:10番手/1分37秒977/新品ミディアムタイヤ/17周

予選:17番手/1分38秒069/新品ソフトタイヤ(第2セッション)

「Q2最後のラップで特にトラフィックとかミスがあったわけではないですが、ミディアムタイヤのグリップをまったく感じることが出来ませんでした。昨日はクルマのバランス変化にてこずっていましたが、今日のフリー走行3回目では良くなっていました。ただその後予選に向けて変えた変更が間違った方向にいったのかもしれません。決勝レースは楽しみにしています。ただ、このサーキット自体オーバーテイクが出来ないサーキットではないですが、そのために充分な直線スピードがあるかどうかは分かりません」

 

By courtesy of Sauber F1 Team
NEWS & TOPICS INDEX