NEWS

12.03.18 2012年3月18日F1第1戦オーストラリアGP決勝レース
天候:晴れ

気温:22-21℃

路面温度:30-22℃

2012年F1世界選手権・開幕戦オーストラリアGPの決勝レースが、3月18日日曜日現地時間の午後5時から行われ、13番グリッドからスタートした小林可夢偉は6位入賞・8ポイントを獲得。幸先よいシーズンのスタートを切ることができました。

 第2戦マレーシアGPは3月23日025日にクアラルンプールで開催されます。

 

小林可夢偉:6位

ザウバーC31-フェラーリ(シャシー01/フェラーリ056)

スタート:ソフトタイヤ、13周目:ソフトタイヤ、36周目:ミディアムタイヤ

「チームのためにも僕自身としてもすごくうれしいです。6位フィニッシュはすばらしいシーズンのスタートです。レースのスタート直後、目の前でスピンしたブルーノ(セナ)にぶつかりそうになりましたが、なんとか運良く逃げることができました。ただその時に後ろから来たセルジオ(ペレス)が僕との接触を避けきれず、レースすべてを翼端板が壊れた状態で走らなければなりませんでした。クルマのパフォーマンスに影響が出て非常にむずかしい状況でした。それでも1周目を終了した時点でふたつポジションを上げることができました。僕はソフトタイヤを2セット履いたあとミディアムタイヤを履くという2ストップ戦略でした。2回目のピットストップのタイミングが、ピットインした直後にセーフティーカーが入りついてなかったです。その後、最終ラップにパストール(マルドナード)のクラッシュやセルジオとニコ(ロズベルグ)との接触があるまでは9番手を走行していましたが、うまく混乱を抜けて6位でフィニッシュしました」

 

By courtesy of Sauber F1 Team
NEWS & TOPICS INDEX