REPORT

2010201120122013

10.11.16 アブダビGPを終えて

今シーズン最後のレースなんで気持ちよく終われるように仕事だけはしっかりしようかなと思っていました。ただみんないい形で終わりたいと思っているだろうし、厳しいレースになると予想はしていました。去年は路面の状況がすごく特別だったので、今年は普通になってるのか、やっぱり特別なものなのかは走ってみないと分からない。どういう状況にも対応できるようにしっかりやっていかないといけないと思います。


それにしても相変わらず暑い。気分的には去年よりも全然楽なんですけど、この温度だけは1年経っても変わらないなとしみじみ思いました(笑)。

 

金曜日は走りはじめは悪くはなかったんですが、いまいち毎回伸びきらなかった。最終的に周りのほうがタイムが速いことが多くて、頑張れば頑張るほど車としてはバランスが悪くなってしまう状態でした。グリップもなかったし低速コーナーで負けてました。

土曜日に向けてクルマのセッティングを変えたら思っている方向性にはなっていたんです。ただ、ブレーキに問題が起きてしまった。簡単にフロントがロックするようになってしまって、ブレーキバランスを前の日から3、4パーセントリヤ寄りに変えたんですけど、それでもおかしかった。ブレーキがオンオフでコントロールできない状態。それに左手でFダクトを使っているときは、バランスを変えるために右手もステアリングを離して運転しないといけなかったんで大変でした。

なんとか予選の最後まで保たせましたけど、ベストな状態ではなくて、全体的に凄く難しいセッションでした。自分としてはまとめきったけど、すべてがかみ合うことが無かったです。

 

決勝レースは僕としてはプライムでスタートしたかったんですが、今回は初めてチーム全員に反対されました。オプションの方がスタートがいいことと、シミュレーションでもその方が速かったようです。12番グリッドというチャレンジしにくいグリッド位置もあったと思います。たしかにオプションのスタートはよくてルノーの2台を抜いて、ロズベルグも抜けそうだったんですが、そこでセーフティーカーが入って抜けなかった。

結局その後はバリチェロが抜けなくて本来のペースで走れなくて、彼がピットインした時点で、後ろとのマージンがつらくなっていて、オプションからプライムに履き替えるタイミングを失ってました。タイム的には上がってますけど、やっぱりタイヤはもうたれてました。もうどうしようもなくてはまってしまったというパターンですね。

普通にレースをしたらこんなもんでしょう。今回はチャレンジ不足ですね。セーフティーカーの時もそうでしたから。レースが終わってみると僕たちが思っている反対のことがすべて正解だった。来年は同じような状況があったら、この経験はきちんと活かしたい。チャレンジできるようにみんなをもっていきたいと思います。

 

今年はシーズン序盤の苦しいときから最後まで、ずっとみなさんに応援していただき、本当にありがとうございました。

僕はこのままアブダビに残ってピレリのタイヤテストに参加します。これはすごく大事なテストで、これで来年のクルマの方向性が決まります。2011年は1戦目からチャンピオンシップを戦えるようにしたいと思っています。楽しみにしていてください。

KAMUI'S REPORT INDEX