NEWS

14.06.21 2014 F1 Rd.08 オーストリアGP 金曜日

6月20日金曜日、2014年F1世界選手権第8戦オーストリアGPの金曜フリー走行が行われました。小林可夢偉は午前のセッションは予定通りのプログラムをこなしましたが、午後のセッションではオプションタイヤでのロングラン中に車体に違和感を感じ、その原因を探るため、予定よりも早く走行を切り上げることになりました。

 

小林可夢偉

カーナンバー:10

シャシーナンバー:CT05-#02

フリー走行1回目:1分14秒611(24周)

フリー走行2回目:1分12秒937(24周)

「フリー走行1回目は24周を走りました。途中雨もありましたが、予定していた通りのプログラムをこなすことができました。これは普段の週末はもちろんのこと、今回のように新しいサーキットではさらに重要なことです。

走るにはいいサーキットだと思います。特にターン5,6の連続左コーナーや、メインストレート手前の最後のふたつのコーナーがいいですね。でも路面温度が上がってタイヤがどう反応するのかまだ分かっていません。今日は土、日に予報されている天気よりは寒かったので、フリー走行3回目でしっかり仕事をしないといけないです。

フリー走行2回目は、お昼休みの間のセットアップ変更で、走りはじめから特にブレーキングが改善されていました。最初のランではトラクションも改善され、クルマのグリップも増して、まだアンダーステアが残っていますが、フリー走行1回目から前進していました。

その後スーパーソフトに履き替えてパフォーマンスランの後、同じタイヤでロングランを行いました。パフォーマンスランでは、コンマ6秒アップしていましたが、グリップレベル自体はソフトタイヤと同じだったし、そこまで大きな違いも予想していなかったので、非常に不思議でした。グリップが増えていないこともおかしいです。とにかく今晩検証しますが、より高い路面温度が少しは助けになると思います。とにかく明日ですね。

スーパーソフトのロングランは、10周を走ったあたりでブレーキングでクルマが右に引っ張られるようになり、おかしいと感じてガレージに戻りました。その場でチームが原因究明にあたりましたが、はっきりとした理由が見当たらず、データからも確かな原因が分かりませんでしたが、とにかくコース上でのトラブルを避け、きちんとクルマを調べるためにセッション残り15分のところで走行を切り上げました」

 

 

Kamui Kobayashi, car #10, chassis CT05-#02: “We completed 24 laps in FP1 and even though a bit of rain did interrupt the session we were still able to work through the plan – obviously something that’s really important normally, but even more so on a new track like this.

“It’s a good circuit to drive on, particularly the double-left through five and six, and the last couple of corners onto the start / finish straight, but what we still don’t know a lot about yet is how the tyres will behave when the track temps warm up. Today the weather was cooler than it’s forecast to be for Saturday and Sunday so we’ll have to do more work on that in FP3.

“In FP2 the car was immediately better after the setup changes we made over lunch, especially on braking. On the first run the traction had improved, the car had more grip and even though there was some understeer it was a good step from FP1.

“We went onto supersofts for the first performance run, and then the long run, starting on the same compound. I found six-tenths on that set in the performance run but it was a bit weird – the grip levels felt the same as the softs and even though I wasn’t expecting a massive step, it was still a bit strange that there wasn’t more grip. We’ll look at that properly tonight and maybe increased track temperatures will help – we’ll see tomorrow.

“We started the long run on supersofts and I was up to lap ten of that first stint when I started feeling the car pull right under braking. It didn’t feel right so we boxed so the guys could take a look to see if there were any problems – there wasn’t anything obvious, and the data didn’t point to anything specific but we decided to end the session with about 15 minutes left so we could have proper inspection and avoid any issues on track.”

NEWS & TOPICS INDEX