NEWS

14.06.09 2014 F1Rd.07カナダGP 日曜日

6月8日日曜日、F1世界選手権第7戦カナダGPの決勝レースが行われました。21番グリッドからスタートした小林可夢偉は24周目にリヤサスペンションが壊れリタイアとなりました。厳しい週末が続いていますが、引き続き応援よろしくお願いいたします。

 

小林可夢偉:リタイア

カーナンバー:10

シャシーナンバー:CT05-#02

「スタートはまずまずで1周目のマルシアのクラッシュによる破片も避けることができました。セーフティーカー中のタイヤマネージメントはうまくいっていました。ただ、レース再開から数周後、2コーナーの立ち上がりでリヤに問題が起き、クルマを止めなければなりませんでした。クルマを降りて見てみると、リヤサスペンションに問題がるのが確認できました。

カナダGPは非常に厳しい週末となりましたが、これからも戦い続けます。いつか自分たちの日が来来ます。それは分かっていますが、このモントリオールの週末ではなかったです。この週末学んだことすべてをファクトリーでしっかりと検証して、次のオーストリアでまた戦います」

 

Kamui Kobayashi, car #10, chassis CT05-#02: “My start was ok and I managed to avoid all the debris from the Marussia crash on lap one. The tyre management under the safety car was pretty good, but then a couple of laps after it came in I felt a problem with the rear coming out of turn two and had to stop the car. When I got out I had a look and I could see it was a rear suspension problem, so that was that.

“We’ve had a pretty hard time in Canada but we’ll continue to fight. Our day will come, I’m pretty certain about that, but it wasn’t to be this weekend in Montreal, so we’ll have a look at everything we’ve learnt this weekend back at the factory and go to the next race in Austria ready to fight again.”

NEWS & TOPICS INDEX