REPORT

2010201120122013

12.05.29 第6戦モナコGPを終えて
 モナコGPは去年いい結果を残しているので、今年は完璧な週末を過ごしてさらにそれを超えようと思っていました。でも結果は残念でした。

木曜日のフリー走行は、全体的にそんなに悪い印象ではなくて、走りはじめにちょっとアンダーステアが強かったので、予選とレースに向けてクルマのバランスをもうちょっと改善できればなという感触でした。

ただ、ダウンフォースがもう1台のクルマに比べてきちんと出ない状態で、午後のセッションの間にフロアを交換したのは、じつはテストとかではなく変えてみてどうなるのか見るためでした。結局フロアを変えてもやはりきちんとダウンフォースが出ていなくて、その後も原因がはっきりしませんでした。ちょっとしたウイングのポジションだとか、取り付ける時の強さとかでダウンフォースは変わってくるので、"これが原因"とはっきり分からなかったみたいです。あとコンマ数秒稼げるだけで一気にすごくいいところにいけるから、そうすれば調子はいいだろうと思ってました。

 

土曜日の予選、Q1はまずプライムのソフトタイヤで走ったあとに、赤旗になって、じつはこの時もう一回ソフトタイヤで行こうと提案をしたんです。赤旗解除後、すぐコースに入ればきちんとウオームアップさせるために必要な数周を走る時間が充分あったんですけどね。ただ、結局コースインするのを待っている間に時間がなくなってきて、チームもレースに向けてタイヤを温存させたいということでオプションのスーパーソフトで出ました。

Q2はまずQ1で履いたスーパーソフトで出た後、新品のスーパーソフトで2回目のアタックに出ました。ただ、思ったほどタイムが上がらなくて結果12番手でした。路面温度が少し変化していたので、1周目からグリップを引き出したいので内圧をちょっと高めにいったのが裏目に出たのかもしれません。 それ以上に周りが思った以上にタイムを上げてきてちょっとビックリしました。でも11番グリッドスタートだし、充分ポイントは獲れるだろうと思っていたんですけどね。

 

日曜の決勝レースは前のベッテルがプライムでスタートするのは分かっていました。ただ、僕はスタートでフォースインディアをきっちりと抜いておきたかったのでオプションでスタートを希望したんです。スタート自体、今シーズン最高のスタートで、ベッテルとポジションを争っていたし、1コーナーの進入ではライコネンにも並んでいました。目の前でグロージャンがスピンして、インかアウトどちらに避けるかは一瞬の判断でした。ベッテルはぎりぎりのタイミングでインへ逃げて、ベッテルの真後ろにいた僕はベッテルが過ぎた後にグロージャンがイン側に動いていたので、アウト側へ避けようとしたら、今度はグロージャンがうしろに下がってきて、行き場がなくなった状態で、フロントはかわせたんですけど、内輪差でリヤタイヤが当たって飛びました。

1周走ってピットに戻って、プライムタイヤに履き変えてコースインしたんですけど、サスペンションが壊れていて、なんとか何周かしてみたけど全然曲がれないコーナーとか出てきて、ヘアピンなんか曲がりきれなくてバックしないといけないんじゃないかというぐらいで、とても走れる状態ではなかったのでガレージに戻ってリタイアしました。レース結果を見ると、ボーナスポイントのレースだったと思うので悔しいですが、次のカナダではきっちりと入賞して取りこぼした分を取り返したいと思います。

みなさま応援よろしくお願いいたします。

KAMUI'S REPORT INDEX